MENU

生漢煎は薬局ではどこで売られている

生漢煎の効果の理由や、購入方法・値段などをお知りになりたい方は、こちらの公式サイトをどうぞ!

 

生漢煎は薬局ではどこで売られているのかという問い合わせメールをいただいたので、薬局で取り扱われているかどうかについて説明しようと思います。

 

ですが、なぜ、みなさんは、薬局で取り扱っていると思われているのでしょうか?

 

実は、薬局で取り扱っていると思われるにはそれ相応の理由があります。

 

それは、生漢煎が医薬品であり、漢方薬でるという認識が大きいからなのです。

 

そこで、まずは、生漢煎がどのようなものなのかについてを、最初に説明しようと思います。

 

生漢煎は、防風通聖散を含む18種類の生薬が配合されることでエネルギー代謝を改善させて、体に不要な脂肪や老廃物を排出させる作用がある漢方薬です。

 

具体的に、防風通聖散の作用を中心に脂肪を燃やすことによるダイエット効果や便秘を改善する作用がありますが、その効果(影響力)が大きいために、生漢煎は成長期の子供は服用ができません。

 

15歳以上からの服用になっていますので、防風通聖散を含む生漢煎は中学生以下の子供には服用しないほうがよいので注意してくださいね。

 

生漢煎の作用について、いろいろな口コミを見ると、生漢煎を服用して一週間程度で、防風通聖散の作用が表れ、便秘症改善の効果が出てくるという口コミが多いです。

 

また、1か月服用を継続すると肥満症の方は効果が目に見えて出くるという口コミも多いです。

 

その他にも、むくみやのぼせ、肩こり、吹き出物、皮膚炎にも効果があるという口コミも多いです。

 

これらのことは、生漢煎に含まれる、オウゴンやカンゾウ、ケイガイ、サンシン、トウキ、ハッカなど、防風通聖散を含む18種類の生薬の効果ですので、漢方的には広く知られている既成の事実です。

 

生漢煎の飲み方は、1日3回、朝昼夕の食前、食間いずれかに水やお湯で服用します。

 

防風通聖散を多く含む生漢煎は、他の医薬品との併用では、体に負担が生じるので医師や薬局の薬剤師に相談が必要で、特に下剤と同時に服用する場合などには作用が強く出てしまうので控える必要があります。

 

防風通聖散を多く含む生漢煎は、その他にも医師による治療中だったり虚弱体質、下痢体質、発汗体質、高齢者の方なども医師や薬局の薬剤師に相談が必要です。

 

実は、生漢煎は、薬局では販売されていませんし、また、大手のネット通販やバライテェショップなどでも取り扱いはされてません。

 

生漢煎は、公式サイトの通販のみの取り扱いがされています。

 

大手製薬にも似た商品はあるものの防風通聖散の成分の量が違うようですので、生漢煎の同等品を薬局では購入することはできないようです。

 

ただし、医薬品なのでどうしても説明を受けて、薬局で購入されたいのであれば、よく似た成分の漢方である、防風通聖散であれば薬局で販売されています。

 

多少の成分は異なりますが、どうしても薬局で手に入れたいのであれば、薬局で薬剤師さんに、似たような効果の漢方がないかどうかを相談してみるとよいと思います。

 

ちょっと話は変わりますが、別の考え方でも、なぜ、生漢煎が、薬局では販売されていないかを推測することができます。

 

それは、生漢煎が、株式会社アインホールディングス(欧文商号AIN HOLDINGS INC.)という、保険調剤薬局、コスメ&ドラッグストアの経営などの、いわゆる、薬局を運営している企業で製造販売されていることです。

 

つまり、薬局のグループを運営している企業が作っている薬剤を、同業者の薬局で販売する・・・というのが、ちょっと、行いにくいのではないかと思うからです。

 

実際、株式会社アインホールディングスは、調剤薬局 881店舗、ドラッグストア 52店舗(2016年4月期末)というような大きな薬局のグループです。

 

直販と行く形をやめて、通販という形で、生漢煎を販売しようと考えたのであれば、自社を含め、他社薬局にも商品を置いていないのが納得できる気がしますね。

 

 

生漢煎のさらに詳しい情報や、一番安い買い方をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

生漢煎